●2015年5月13日...
DIO_150311_60パー
豆尖 2枚組 remix album『0814/re:DIO』発売!!
詳細ページはコチラ→『豆尖2枚組リミックスアルバム「0814/re:DIO」詳細!! *取扱い店等、随時更新中!!!』
ご購入はコチラ→MAME-RECORDS - 豆尖 / 0814/re:DIO
ALBUM Trailer、MVも公開されています↓



●2014年4月23日...

豆尖 1st album『DIO』全国発売!!
詳細ページはコチラ→『豆尖1stアルバム「DIO」詳細!! *取扱い店等、随時更新中!!!』
ご購入はコチラ→MAME-RECORDS - 豆尖 / DIO
ALBUM Trailer、MVも公開されています↓


●2013年4月20日...

豆汁 1st ep『お豆の足音』発売!
詳細ページはコチラ→『豆汁ep「お豆の足音」詳細!! *取扱い店等、随時更新中!!!』
ご購入はコチラ→MAME-RECORDS - 豆汁 / お豆の足音
ep収録曲のMVが公開されています↓


CD等の通販はコチラ↓
サイズ50パー
MAME-RECORDS
LIVEスケジュール等の情報はコチラから→豆尖 website フラッグ写真2

LIVEは生モノ!! 是非是非、現場へ遊びにきて下さい♪
*LIVE出演依頼、客演依頼等、随時受け付けております!!お問い合わせは【mame.records@gmail.com】or【mame-gee@i.softbank.jp】or【080-1158-5031】までご連絡下さい。


『2016.3.11 FIGHT CLUB vol.96 後記』



静岡 club Eightで毎月第2金曜日に行われているMC BATTLEイベント”FIGHT CLUB”

FIGHT CLUBは一般的なMC BATTLEのルールと違い、1分30秒×4RというヤワなMCでは乗り切れないルールでも知られている。
7月で100回目を迎えるこのイベント、その100回目に賞金100万円を賭けた本選が行われる。そこへの出場者を決めるべく、現在2月〜6月にかけて予選会が行われている。


今回僕はその予選に出場してきました。
僕自身MC BATTLEに出るのは3年振りで、正直不安もあって、会場に着くまでは緊張もしてました。


そんな中、今回僕は、先行になったら仕掛けてやろうと決めていた2つの質問がありました。



【①この大会に出るにあたって迷いやリスクはあったか?】

今予選は、まず過去にファイトクラブに出た事のあるってのが出場資格の一つで、主催であるMO HARD MUSICから誘いがある。そして、出場MCにはエントリー料とは別にチケットノルマも課せられる。

僕はこの”チケットノルマ”という点がどうしても引っかかって。

僕もMC駆け出しの2005年頃からバトルには出てきて、僕にとってバトルは腕試しだったり、名を売る為だったりと、知り合いに見てもらう為ではなく、エントリー料だけ握りしめて、一人で乗り込む。自分自身の為に出るっていうもので。

だから、バトルに出るから見に来てくれよってチケットを売る事に乗り気には慣れなくて。

でも、100万円を、自分が自信を持っているラップで手に入れる事ができるかもしれないってのはチャンスでしかないとも思ったし、
地方のこの規模でやっている大会では到底考えられない額の賞金を用意する為にはその条件が必要なのは理解できるし、100万円を手に入れようってのにそこらの賞金5万円の大会に出るのと同じ条件で出ようってのも何とも虫のいい話しなわけで。

それに、地方で、地元で、音楽活動するにあたってチケットを捌けるというのは間違いないプロップスの証明であって、実際知り合いを多く呼べた方が何かと有利に働くのは事実であって、実にリアルで実にストリートな条件だと思った。


結果、僕にとっては、今予選への誘いに”ただハイ出ます”や”出ない”じゃなくて、”迷ったけど出る”が答えだったんです。


少なくとも僕は本気でラップやってるからさ、同じ土俵に立つ、出るという選択をしてきたMC達にそこを問いたかったんだよな。



【②ラップに、HIPHOPに、音楽に、無力さを感じた事や絶望した事があるか?】

この日は2016.3.11、そう、東日本大震災からちょうど5年目の日だったんです。

日本に住む者にとって、どうしても気にならないわけにはいかない日。

5年前、誰も予想もしなかった、誰も体験した事もなかったアノ出来事を目の前に、誰もが不安になりながらも、誰もが自分に何かできる事は無いのかって考えたと思う。


僕には何が出来る?僕にはラップが出来る。じゃあラップで何が出来る?現実今ラップで僕は東北の人達のどう手助けになれる?って。


音楽家や、芸術家と呼ばれる人達はあそこで一回自分の無力さを味わったと思う。

それでも僕はすぐに被災者の人達に向けてラップを書こうって尖閣を誘って書いた。YOUTUBEにアップした。
届くか分からないけど。何の役にも立たないかもしれないけど。それでも自分の表現が誰かの何かの支えになるって信じるしかなかったし、信じたかったから。

だってここで書かないでいて、この先また平和な日常に戻った時にぬけぬけと曲を書こうなんて、そんなの全然HIPHOPじゃねぇと思ったから。HIPHOPはそんな都合のいい音楽じゃねぇと思ったから。


あの時、ここで書けなかったら、この先ラップは出来ないって本気で思った。


それから5年後、僕はまだラップが出来ていた。バトルという舞台に立とうとしていた。

あそこで絶望を味わってない奴に今希望を歌うことなんて出来ない、僕はそんな奴等に絶対負けないって思った。

だから、あれからたまたまちょうど5年後の日ってだけだったけど、皆にどうしても問いたかった。





結果、先行となった僕はこの2つの質問を仕掛けて、バトル自体も勝利する事が出来ました。

予想外にJO-Hawkがこの質問に対して全くアンサーしてこないもんだから、僕もテンパって回収しきれなかった所は反省点です笑


とにかく、僕はこの大会本気で優勝、100万獲りにいってますよって話です。

僕からチケット買って遊びに来てくれたマイメン達、払ってくれたそのお金絶対無駄にさせねーぞ!

絶対焼肉祝賀会連れてくから!


一先ず予選突破、応援してくれた皆、ガチで戦ってくれたジョーホーク、本当にありがとう!



最後に、5年経った今でもいまだ仮設住宅暮らしや、失い続けている被災者の方々へ




ピース



豆汁
スポンサーサイト

『×庭』

昨日、ライブハウス騒弦にて静岡のノイズ集団"庭"の演奏に参加してきました。

久しぶりのノイズとのセッションは演奏中頭の中では色々な考えが回っていましたね。


HIPHOPやバンドのLIVEでは、ラップは、ボーカルは、主役になりがちなんですが、ノイズ演奏の中ではそういうわけにはいかない。

より全体の音像で空間を作り上げるというか。

波形で言ったら形も何も無いような状況じゃないですか、ある意味ボーカルなんて無力と化すんですよね。

自分はラップという武器で、体という資本で、どういった役割を果たせるんだろうと


そこで感じたのが、静寂だったんです。

あ、轟音とは静寂なんだと

自分の声を聞いて吐くしかないんだと

ノイズとは瞑想だと笑


でも多分余裕でその先もあるし、何人かで演奏してる限りやはり轟音だし、轟音にも隙間はあるし、隙間があるって事は言葉の入り込む隙はあるって事なんですよね。


それに結局ソレって自分の中での事で、ステージ上でやるならもうちょっと見てる側の事も考えたい、ショウケースにしたいって気持ちはどうしてもあって。

MCとして参加するならその辺もうちょっと面白く出来たらなぁって思います。



スッゲー面白かった!

庭、ありがとう!



豆汁

『2013/10/14「ANAJOG HEROS」の写真がupされています』

先日10月14日に開催された「ANAJOG HEROS ~THE WEMMER USA Tour Final&7inchi EP Release~」の、豆尖LIVE写真を、静岡のPhotographer・マエシさんが紹介してくださりました。

お楽しみください。
(画像をクリックすると拡大されます)



THE WEMMER Presents『ANAJOG HEROS ~THE WEMMER USA Tour Final&7inchi EP Release~』

2013.10/14(mon)
@Sunash

【ACT】
younGSounds
LOSTAGE
THE WEMMER
豆尖(O.A)





















マエシさん、写真ありがとうございます。

maeshiiiii.tumblr.com



ウェマー、ヤングサウンズ、LOSTAGE、ご来場頂いた皆様、サナッシュ、ありがとうございました!



豆汁

『UMB2013静岡予選後記』

昨夜はUMB2013の静岡予選に出てきました。

負けました。

今回は、本当に、結果だけ、優勝だけを求めてやったので、

結果負けたというソノ事実だけ本当に悔しいです。



でも応援してくれた皆が「なんか分かんねーけど俺も悔しい」とか、「俺が悔しいわ」とか言ってくれて、そんな事言われるなんて全然思ってなかったからさ。

勿論仲間の喜ぶ顔が見たいから良い結果を届けたいのもあるけど、バトルなんて自分の為でしかなかったから。

ラップは言葉だけど、人は言葉じゃないんだやっぱ。



応援してくれて、一緒に悔しがってくれた人、かけてくれた言葉絶対忘れないよ!

これからも色々と巻き込ませて下さい。

お付き合い下さい!



形はどうなるか分からないけど、この悔しさは、その悔しさは必ず返します。

言っても俺が一番悔しいんだからなwww

約束します。


ありがとう!



豆汁

『2013/4/28 「WHOLE THE WHOLE」at FreakyShow 後記』

2013.04.28(sun)
「WHOLE THE WHOLE」
@Freaky Show

お疲れ様でした。



数年前、多分初めてだったと思う、豆尖がテクノのパーティーに呼ばれてLIVEをした時、MC中に尖閣がフロアに向かって、

『普段HIPHOPは聴きますかー??』

と問いかけたところ、

『あ?聴かねーよ!』

そんな野次が返ってきたことがあった。


野次ってのは有難いものなんだけど、初めての環境でのLIVEに僕自身構えてしまっていたんでしょう、心の広い尖閣と違って短気な性格の僕は、

「うるせーよ、どうせお前らにはHIPHOPの良さは分かんねぇ」

内心そんな事を思ったのを覚えています。

勿論そんな心理状況でのLIVEではグルーヴを共有することなんてできず、たしかスベったw



今回「WHOLE THE WHOLE」でのLIVEを終えて、自分での感触としても、終わった後声をかけてくれた色んな人の感想を聞いても、

「あ、HIPHOP届いた」

って思った。

なんとも言えない充実感、恥ずかしいからココには書かないけど色々な事を感じたLIVEになりました。


あ、今回イベント終えるまで、前にそんな事があった事自体忘れていたし、一時期テクノのパーティーにしか遊びに行かなかったくらいテクノは大好きだし、僕自身テクノに対して偏見とかないからねw

久々のテクノって感じだったんだけど、やっぱテクノ気持ちいい!レーザービームとの相性抜群ww



今回backについてくれたshun-shunさんありがとう!sessionしてくれたstetekoもありがとう~!最高でした!!

ヒサくんもお疲れ!最近の傾向とは違う感じの絵な気がしたけど?今回も良かったー

Shinmaくんも良いトップ決めてくれたし、WAKASUGIさんは渋かった!、AONOさんはかなりアゲてたしRAITAさんとのコンビも良かったなぁ、最終のアノ時間帯でしっかり躍らせSHIGeさんも流石!

テクマ!さんは終始「イケメン」じゃなく「ハンサム」でしたw

AOSIさんのピザも美味かったぁ~、特に金平の和ピザの方!!



遊びに来てくれた沢山の皆さんもありがとうございました!

そして場所が変わっても相変わらずの人間交差点ぶりを見せるフリーキーもいつもありがとうです!

色んな人に会えて良かった!!



『GW初日に最適なテクノパーティーでした。』



豆汁

『「豆汁 vs Shun-Shun」後記』

昨日は騒弦お疲れ様でした!
30分付き合ってくれた皆様ありがとうございましたm(_ _)m


個人的にはあっという間の30分で、毎度のことフリースタイルは何言ったかほぼ覚えてないスw
まだまだ。
まだまだイケるッスね。

もっとぶっちぎれる。

シュンシュンさんマジありがとうーッス!


あと途中飛び入りで入ってくれた尖閣とアザイストもありがとう!
特にアザイスト!
初めての場所で普段とは違うオーディエンスの前で、普通にロックしちゃう静岡若手、イケイケの高校生MCです。
普段の現場とは違えど、普段やってることがバッチリでてたね。末恐ろしい17歳です。
アザイスト←コイツは皆さん要チェケで!

今度、彼はバトルで、僕ら豆尖はLIVEで出演予定なので、気になる方はコチラも是非!!→3/8「FIGHT CLUB」at club eight



とりあえず一回このスタイルでshowcaseできて良かったー。やっぱ色々見えた。
これからも現場で色々実験してきます。



あ、それとやっぱシュンシュンさん流石です。ちゃんと新しい、カッチョイー音楽、HIPHOPチェックしてますね。
最近のNYがあんな事になってるなんて全然知らなかったッス。
DJっす。いつもフレッシュ

だから好き。
またやりましょう!


豆汁×DJ Shun-Shun




豆汁

『「お豆の知゛る会 -震災瓦礫広域処理の問題点-」at 騒弦 を終えて…』

先日の『お豆の知゛る会 -震災瓦礫広域処理の問題点-』at騒弦に集まってくれた皆様ありがとうございました!
予想より多く人に来ていただいて嬉しかったです!
知らない顔の人達も多くいたし、狙い通り同年代の若い人達中心に集まってくれてたので良かったと思います。

僕の司会としてのスキルがあまりにも低かった為、後半のfree timeがなくなってしまうくらい時間も押してしまい、話も瓦礫以外のとこにいって少しゴチャゴチャしちゃう部分もあって申し訳なかったですm(_ _)m

ですが、アンケートの回答やイベント後直接声をかけてくれた人の様子を見ると、ソレも含めて良い機会になってくれたんじゃないかな?と思ってます。
勿論アドバイスや指摘も頂いたので、すぐに次の行動にうつしていきます!
あ、あと結局ust中継できなかったです、スミマセン(汗)



それと今回、ことコノ瓦礫の問題については、個人的に話しの論点を「必要性」に持っていったつもりです。
それは、広域処理に賛成の方達は、様々な問題点を知ってか知らずか、やはり引っかかってるのが

「被災地の為になっているのかどうか」
「絆」

という部分だと、僕は賛成の方と話をしていて思ったからです。

ですが本来はやはり「安全性」、「拡散させない・一点集中管理が基本」を論点にするべきだと思っています。

放射能の話はタブーじゃありません!
現実です。
気にしすぎも良くないかもしれないですが、向き合わなければいけないと思います。
そして解決策や、向き合った上で楽しく生きていく方法は幾つもあると思います。



瓦礫に関しても仮に受入がストップしても、ハイそれで終わり!じゃない事も分かっていますし、考えています。
本当の被災地支援とは?
東日本大震災の本当の対処方法とは??

根本的にこの国のシステムが腐ってる事に、遅まきながら気づいた今、変えるのは「今」しかないと思います!

その為のまずは静岡市の受入、僕はなんとしても止めたいと思っています!!



お話し会で興味を持ってもっと知りたい・知らなきゃと思った方は、普段やってるお話し会もあるし、また別のもっと詳しく分かりやすい会もあるし、参照→10月の静岡市「お話し会」「講演会」「震災ガレキ市民サミット」のお知らせ
反対しなきゃって思ってくれた方は、友達に伝えてくれたり市への電話でもいいし、何かしら行動にして欲しいと思います。

絶対止めたいです!!



今回は皆様、ご参加ありがとうございました。



静岡の皆、瓦礫受入止めましょう!!



*また今回のお話し会には時間の都合で参加できなかったものの、資料だけ貰っていって下さった方のブログです!とても分かりやすくまとめて下さっているので是非読んでみて下さい!→http://blog.livedoor.jp/ima0515/archives/51902615.html



豆汁

『2012/01/28「Perception」の写真をupしました』

先月1月28日に開催された「Perception」の写真を、写真を撮っていてくれた澤口さんより頂きましたので公開します。

お楽しみください。
(画像をクリックすると拡大されます)



『Perception』

2012.01/28(sat)
@Rajishan

【GUEST】
asa (Jar-Beat Record)
DJ Noa (Jar-Beat Record)

【LIVE】
E-MAN
QUIQUI&隼人6号
豆尖 

【DJ】
ISSY
侑士
Keico
Kadan



at rajishan





DJ ISSY





DJ KADAN



E-MAN





asa (Jar-Beat Record)





DJ Noa (Jar-Beat Record)





asa & DJ ISSY



フロアの様子









イベント終了後に一枚




澤口さん、写真ありがとうございます。

Perception crew、asaさん、Noaさん、出演者の皆、ご来場頂いたお客様、ラジシャン、ありがとうございました!



mame-jiru

『2012/01/28「Perception」終了後の集合写真』

イベント終了後、浜松Perception crewとパシャリ一枚! at rajishan

皆良い笑顔。

指摘したいのは、DJ ISSY君の黒マスクが似合いすぎな点と、HISA君(写真向かって一番右)がなんかデカくて目立つw



お疲れ様でした。

いつもありがとう!



mame-jiru

『2011/10/07「photograph -ありがとうフリーキーショウ-」の写真をupしました』

昨年10月17日に開催された「photograph -ありがとうフリーキーショウ-」の写真を、写真家・yukkyさんより頂きましたので公開します。

大変遅くなりましたが、当日の空気が少しでも伝わればと思います。
お楽しみください。
(画像をクリックすると拡大されます)



『photograph』
-ありがとうフリーキーショウ-

2011.10.07(fri)
at静岡LiveBar freakyshow

Live
MASTER MASTER
QUIQUI HETERODOXY (patissiere rec)
豆尖(Theotokos /ZION SOLDIER )
herpiano

DJ
ggglico (ex.TINY from NAGOYA )
SHIGe (ALICE )
Shun-Shun (NewDeal/Clear...?)
隼人6号(SUPER WISE )
KSK (FACT )

VJ
KRAK

photo & exibition
yukky



昨年末で閉店となってしまった、freakyshow





herpiano





豆尖









KRAK





MASTER MASTER



SHIGe



QUIQUI HETERODOXY & 隼人6号



ggglico



Shun-Shun



KSK



集合ーーー




写真を撮ってくれたユッキーさん、ありがとうございます。

そして色んな思い出の詰まったフリーキー、ホントにありがとう!



mame-jiru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。