●2015年5月13日...
DIO_150311_60パー
豆尖 2枚組 remix album『0814/re:DIO』発売!!
詳細ページはコチラ→『豆尖2枚組リミックスアルバム「0814/re:DIO」詳細!! *取扱い店等、随時更新中!!!』
ご購入はコチラ→MAME-RECORDS - 豆尖 / 0814/re:DIO
ALBUM Trailer、MVも公開されています↓



●2014年4月23日...

豆尖 1st album『DIO』全国発売!!
詳細ページはコチラ→『豆尖1stアルバム「DIO」詳細!! *取扱い店等、随時更新中!!!』
ご購入はコチラ→MAME-RECORDS - 豆尖 / DIO
ALBUM Trailer、MVも公開されています↓


●2013年4月20日...

豆汁 1st ep『お豆の足音』発売!
詳細ページはコチラ→『豆汁ep「お豆の足音」詳細!! *取扱い店等、随時更新中!!!』
ご購入はコチラ→MAME-RECORDS - 豆汁 / お豆の足音
ep収録曲のMVが公開されています↓


CD等の通販はコチラ↓
サイズ50パー
MAME-RECORDS
LIVEスケジュール等の情報はコチラから→豆尖 website フラッグ写真2
豆汁主催不定期イベント「魔界ノ牧場」の情報はコチラから→魔界ノ写真館

LIVEは生モノ!! 是非是非、現場へ遊びにきて下さい♪
*LIVE出演依頼、客演依頼等、随時受け付けております!!お問い合わせは【mame.records@gmail.com】or【080-1158-5031】までご連絡下さい。


『10月18日、災害ガレキ広域処理について市役所へ電話してみた』

  • Day:2012.10.23 10:50
  • Cat:日記
【超重要】
ついに静岡市も認めた!

本日静岡市廃棄物政策課に電話し、マスダ統括に対応してもらったところ、


『現地では瓦礫は公園に集められており、生活の邪魔になっていない。その事は市長も私も現地視察に行って分かっている』


とのこと!山田町役場から聞いた内容と同じだ。

じゃあなぜ受入するの?


『生活の邪魔にはなっていないが、公園の周りには観光施設があり、それらを早く復活させる為。現地では可燃物の処理が優先され、後回しになってる木くずのうち、2万3千トンの処理を依頼されている』


とのこと。

それなら、岩手県では瓦礫を日量最少約1000t~最大約2000t 処理能力があると環境省からも発表されている。仮に最大で処理したら、静岡が受入る2万3千tは10日間くらいで処理できる!

現地での可燃物処理が終わってから木くずも処理するのでは遅いのか??

しかも静岡市は今回の瓦礫処理に1tあたり2万2千円請求している。

2万3千t×2万2千円=約5億円

さらにプラスしてこっちまで持ってくる輸送費もかかってる。

そっくりそのままそのお金岩手に寄付したらどうですか??


生活の邪魔になっていないガレキの処理を10日間早めるのと、5億円寄付するの、どう考えても5億円寄付してあげる方が支援にならないか??


さらに
『岩手にある太平洋セメント株式会社さんが、自治体からの要請があれば 受け入れを検討する、80万トンの余力があることを発表していますよ?そっちでやってもらったら良くないですか?』(*参考① 太平洋セメントHP 参考② 三菱マテリアル)
と聞いてみると、


『そんな発表があったんですか?勉強不足で申し訳ない…』


とのこと。
静岡市廃棄物政策課の統括レベルの人間がこの程度の状況把握しかしてないのである。

結局のところ、静岡市は被災地の支援なんて自分達で全く考えていないんだ。
環境省から、静岡県から、上から言われたことやってれば莫大なお金も入るから、それだけ。
市民の安心安全なんて、本当の被災地支援なんて考えてない!!

今まで、被災地の為なら…と賛成してきた人達も、それは違う、反対して受入拒否してあげることの方がずっと被災地支援になる可能性があることに気づかなきゃダメだ!!

被災地の為を思うこその受入拒否!広域処理反対!!



「上の人と代わって」っていってやり取りすれば、やっぱり電話抗議も効果がある気がするよ!
焼却始まっちゃったけど、中止まで絶対あきらめない!

静岡県054-221-2455
静岡市054-200-4894
浜松市053-457-2111



豆汁
スポンサーサイト

『平成24年10月15日、災害ガレキ広域処理について意見書提出』

  • Day:2012.10.16 13:48
  • Cat:日記
静岡市長 田辺信宏様

  意見書

【要望内容】
1.平成24年10月18日からの災害がれき受け入れ・焼却について、市民の意見を汲み取れるような、市と市民との話し合いの場を設けて下さい。
2.十分な話し合いがされるまで、災害がれきの受け入れ・焼却を中止して下さい。

【要望理由】
市民は今回の災害がれき受け入れについて市から十分な説明がされておらず、市民の意見が反映されていません。
7月に行われた住民説明会では市民の参加がほんの数十人で、そこでの意見交換もほとんどされていませんでした。内容も受け入れを前提とした上での「放射能に関する市民説明会」であり、受け入れについての賛否を問う話し合いは一切行われていません。その場では時間が無い為、後日個別に回答するとされたアンケートも、返答がないままになっています。
説明会が開催されることすら知らない市民がほとんどで、開催についての告知方法にも疑問があります。市のホームページ等ネット上の告知では、PCに慣れていない高齢者の方々は知ることが出来ません。地域の回覧板等での告知方法も不十分だと思います。
また無作為に選ばれた市民2000名を対象としたアンケートも、回答があったのが800名程度であり、約71万人の静岡市民の意見を十分に反映するものではありません。
パブリックコメントの集計結果も反対7割・賛成3割でした。この結果についてもなぜ反対7割の意見が尊重されていないのか理解ができません。

平成24年7月5日、TV番組「モーニングバード」に出演された細野前環境大臣が「がれきはクロムやヒ素で汚染されており、大変危険」と発言しております。また環境省は今回の広域処理のガイドラインにて、最終処分場の遮水シートは二重にするように定めていますが、静岡市の最終処分場はそれがなされていません。このような事実について、市民は非常に不安や疑問に思っています。
田辺市長は、平成23年11月8日の市長定例記者会見にて「住民への不安を払拭」した場合受け入れを前向きに検討すると発表しています。現状市民の不安は払拭されていません。不安を払拭するまでの理解すらできていない市民がほとんどです。これも市と市民による話し合いの場が設けられていない為だと考えています。

また環境省の政策の下、岩手県と静岡県の契約で行われている今回の災害がれきの広域処理について、いまだに環境省、川勝県知事、田辺市長、静岡市民が揃った住民説明会が開かれていないこともおかしいと思います。市民は市長自らの口で受け入れについて説明することを望んでいます。

このような状態での平成24年10月18日からの災害がれき受け入れ・焼却には到底納得のできるものではありません。早急に上記の内容が実施されることを要望します。

最後に、今回この意見書と併せて、この場に同行することのできなかった市民からの市長宛の手紙も預かってきています。是非全ての手紙に、市民の想いに目を通していただき、何よりまず第一に静岡市民が安心して暮らせる生活を作るために行動されますよう、手紙を添えて要望致します。



平成24年10月15日

静岡の未来を考える会
しずおかの安心な暮らしを考える会
human group静岡を生きる私達

『「お豆の知゛る会 -震災瓦礫広域処理の問題点-」at 騒弦 を終えて…』

先日の『お豆の知゛る会 -震災瓦礫広域処理の問題点-』at騒弦に集まってくれた皆様ありがとうございました!
予想より多く人に来ていただいて嬉しかったです!
知らない顔の人達も多くいたし、狙い通り同年代の若い人達中心に集まってくれてたので良かったと思います。

僕の司会としてのスキルがあまりにも低かった為、後半のfree timeがなくなってしまうくらい時間も押してしまい、話も瓦礫以外のとこにいって少しゴチャゴチャしちゃう部分もあって申し訳なかったですm(_ _)m

ですが、アンケートの回答やイベント後直接声をかけてくれた人の様子を見ると、ソレも含めて良い機会になってくれたんじゃないかな?と思ってます。
勿論アドバイスや指摘も頂いたので、すぐに次の行動にうつしていきます!
あ、あと結局ust中継できなかったです、スミマセン(汗)



それと今回、ことコノ瓦礫の問題については、個人的に話しの論点を「必要性」に持っていったつもりです。
それは、広域処理に賛成の方達は、様々な問題点を知ってか知らずか、やはり引っかかってるのが

「被災地の為になっているのかどうか」
「絆」

という部分だと、僕は賛成の方と話をしていて思ったからです。

ですが本来はやはり「安全性」、「拡散させない・一点集中管理が基本」を論点にするべきだと思っています。

放射能の話はタブーじゃありません!
現実です。
気にしすぎも良くないかもしれないですが、向き合わなければいけないと思います。
そして解決策や、向き合った上で楽しく生きていく方法は幾つもあると思います。



瓦礫に関しても仮に受入がストップしても、ハイそれで終わり!じゃない事も分かっていますし、考えています。
本当の被災地支援とは?
東日本大震災の本当の対処方法とは??

根本的にこの国のシステムが腐ってる事に、遅まきながら気づいた今、変えるのは「今」しかないと思います!

その為のまずは静岡市の受入、僕はなんとしても止めたいと思っています!!



お話し会で興味を持ってもっと知りたい・知らなきゃと思った方は、普段やってるお話し会もあるし、また別のもっと詳しく分かりやすい会もあるし、参照→10月の静岡市「お話し会」「講演会」「震災ガレキ市民サミット」のお知らせ
反対しなきゃって思ってくれた方は、友達に伝えてくれたり市への電話でもいいし、何かしら行動にして欲しいと思います。

絶対止めたいです!!



今回は皆様、ご参加ありがとうございました。



静岡の皆、瓦礫受入止めましょう!!



*また今回のお話し会には時間の都合で参加できなかったものの、資料だけ貰っていって下さった方のブログです!とても分かりやすくまとめて下さっているので是非読んでみて下さい!→http://blog.livedoor.jp/ima0515/archives/51902615.html



豆汁